「初心者だから」は許されない!?ドレスコードの決まりごととは

初心者が知っておきたいドレスゴートの決まりごと

ドレスコードはドレスを着るためのものじゃない

「ドレスコード」とは、例えば結婚式や披露宴のような華やかな場所や、ホテルのバーなどの洒落た場所に行くときに、それにふさわしい格好をすることを指しますが、実はそれだけではありません。例えば結婚式や披露宴に白い服は着て行きませんし、バーはジーンズはサンダルでは入店できません。
一方でとあるイベントに参加する時に「ジーンズとサンダル必須!」と書いてあればそれがそのイベントのドレスコードです。
つまり、ドレスコードとは場所や目的に合わせて設定されている服装規定のことを指します。

ドレスコードとマナーはどちらも勉強しよう

例えば結婚式や披露宴に御呼ばれしたときには親戚でもない限り正装もしくは「出来る限り」正装に近い格好をすることです。
たとえば、新郎新婦の父親でもないのにモーニングを着るのは、一般の結婚式ではあまり考えられませんが、礼服を着るのが一般的です。
女性も着物やパーティドレスを着ることになりますが、その色まではドレスコードでは決められていません。
しかし、白は花嫁の色と決まっているため、白やそれに近いクリーム色を着るのはマナー違反です。
例えばお葬式では喪服が用意できないにしても、黒い色の服を着るのがマナーです。
ドレスコードがある場合には、その他のマナーも合わせて確認するようにしましょう。