結婚式のドレスは地味すぎないようにしよう

結婚式に出席する機会は、日常で頻繁にあることではありません。大事なイベントだからこそ、はりきってドレス選びをすることと思いますが、慣れていないため多くの人がドレスにまつわる失敗を味わった経験があるのではないでしょうか。

ここでは、結婚式のドレス選びのコツを紹介します。決して難しいことではないので、ぜひ取り入れてみてください。

新婦より目立っていけないというのは半分正しく半分間違っている

結婚式のマナーとして必ずと言っていいほど言われることに、「新婦より目立ってはいけない」というものがあります。主役は新婦ですから、引き立て役に徹しなければ失礼というものです。

そのため、容姿を気にして多くの女性はベージュやクリーム色などの地味なドレスを選ぶ傾向があります。たしかにその心遣いは素敵です。ただ、そういった淡い色味は華やかな会場ではとても貧相に見えがちです。色味も照明に飛んでしまい肌と同化しやすく、肌着に見えてしまうこともあります。祝福するためのドレスが、逆に会場の華やかさを盛り下げてしまうのです。

ですから、イメージした色よりワントーン濃いものか、色が地味ならばデザインにエレガントさがあるものを選ぶと良いです。普段着の選び方にはない感覚なので、意識して選んでください。花嫁さんだって、招待した人が思いきりおしゃれをして綺麗にしてきてくれたほうが嬉しいに決まってます。見た目は間違いなく花嫁さんが一番目立ちますから、気遣いのあまりドレスを地味にするというのはやめましょう。その気持ちは、新郎新婦や親族、他のゲストとのコミュニケーションや、食事マナーなどの面で発揮すればいいのです。

「新婦より目立ってはいけない」という言葉の意味をよく理解して、ドレス選びの役に立ててくださいね。